オリコの「エグゼクティブ ゴールドフォービス」の特徴とは?「iD」と「QUICPay」との相性抜群!

オリコの「エグゼクティブ ゴールドフォービス」の特徴と「iD」と「QUICPay」との相性

オリコ「エグゼクティブ ゴールド フォービズ アイディー×クイックペイ」は、ビジネスカードでありながら、どちらかと言えば、個人事業主や小規模法人の代表者向けのカードとして考えられ、取得がしやすく配慮されていると考えられます。ビジネスカードを申し込むには、最低でも3年は事業を起こしてから3年は経過していないと審査基準に満たず、取得が難しい場合が多いでしょう。

 

たいていのビジネスカードは申告書類や決算書類の提出が直近2期分必要になります。しかし、労働形態が変わり、在宅で仕事を請け負いやすくなってきたこともあり、起業して1年に満たない経営者でも申込ができるビジネスカードが発行されるようになっています。特にオリコ「エグゼクティブ ゴールド フォービズ アイディー×クイックペイ」は、ポイントが貯まりやすく、電子マネーが付帯しているカードとして口コミでの評価が高くなっています。

 

オリコ「エグゼクティブ ゴールド フォービズ アイディー×クイックペイ」の申し込み条件を確認すると、個人事業主の場合は、本人確認が出来る書類だけでよく、収入や事業年数は審査基準に影響しないことが分かります。ただし、キャッシング枠を付ける場合には、年収が確認できる書類や営業実態が分かる営業許可証や開業届などの書類が必要になりますので、事前に用意できるようにしてください。

 

法人の場合は、申込者を確認できる書類以外に会社の登記簿謄本や、支払いに必要な法人口座も必要になりますので、注意してください。

 

口コミによると、申込をする前に書類を請求して手元に届くまで1週間~10日間ほどかかります。申込後に審査が終了するまでに最低でも1週間はかかると、ブログ記事やビジネスカードの比較サイトに書き込みされているので、確実に入手するまでに2週間~3週間はかかると予想されます。オリコの個人向けカードよりも発行までに日数がかかり、早く決済をしたくても困ってしまったという口コミもあるので、余裕を持って申込をするようにしてください。

 

しかし、ビジネスカードの中には、審査に時間がかかるために1ヶ月を要するカードもありますので、他のカードと比べると発行が早い部類になるでしょう。

 

解約する場合には、ポイントや利用残高がないか確認してから手続きをするようにしてください。ポイントが無効になりますし、利用残高を返済しないと解約が難しい場合があります。ビジネスカードは解約届の書類をダウンロードできないので、コールセンターに書類の送付を依頼するといいでしょう。

 

「エグゼクティブ ゴールドフォービス」には2枚のカードがある

オリコ「エグゼクティブ ゴールド フォービズ アイディー×クイックペイ」は2種類のカードがあります。

 

1つは個人事業主用で、Sというタイプになります。

発行できるのは経営者の1枚のみで、従業員用や専従者用には発行できません。無料でETCカードも1枚発行できるので、移動に高速や有料道路を利用する方でも使いやすいでしょう。年収を確認できる書類を提出すれば、最大100万円までのキャッシング枠も付けることが可能な場合もあります。急に現金が必要になった時に、借入の申込をしなくても済むので、とても便利に使えます。

 

もう1つは、Mタイプという小規模法人の代表者向けのカードがあります。

発行枚数は3枚までとなり、2枚目以降の追加カード発行の際も無料となり、経費決済用に信頼できる社員にも持たせることができます。同時に無料で3枚までETCカードが追加発行できます。営業担当者がいて、高速や有料道路で出張や営業活動に出かける場合にも持たせやすいでしょう。追加発行ができる代わりに、キャッシング枠は付けられませんので注意してください。

 

2種類のカードに共通するサービスとしては、オリコカードからの事業融資を受けたい場合に融資金利の優遇制度が付いていることです。ビジネスローンを借りる際に、初回に限り金利が低く優遇されるでしょう。通常の金利よりも、最大で2%低くなるため、設備投資などの事情で多額の現金が必要になった場合には総支払額が抑えられます。

 

付帯するポイントは、暮らすまいるポイントと呼ばれ、利用額1000円ごとに1ポイントが貯まります。1スマイルポイントが5円に換算されることから、ポイントの還元率は0.5%となります。他のビジネスカードと比べて、標準的な還元率になるでしょう。ただし、オリコ「エグゼクティブ ゴールド フォービズ アイディー×クイックペイ」の場合は、優遇特典としてスマイルポイントが20%加算されるので、最終的な還元率は0.6%に上がります。

 

オリコ「エグゼクティブ ゴールド フォービズ アイディー×クイックペイ」は、カードの名前の通り、アイディーとクイックペイの2種類の電子マネーが付帯しています。これらの電子マネーを使った場合でも、カードの利用額に含まれることから、暮らスマイルポイントの対象となり、効率よく貯められます。

 

「エグゼクティブ ゴールドフォービス」のメリット

 

オリコ「エグゼクティブ ゴールド フォービズ アイディー×クイックペイ」は、国際ブランドがVISAとMasterCardの2種類があり、好みの方を選択出来ます。どちらのブランドを選択してもゴールドカードで利用されている特典が利用でき、仕事で使える様々なワンランク上のサービスが付いているので、出張や接待でも使いやすいです。

 

VISAを選択した場合は、万が一のことがあっても、24時間年中無休でコールセンターが稼働していたり、ビジネスオファーというサービスを利用できるので、海外へ渡航したときでも安心して空港や宿泊施設やホテルの手配、各種サービスを受けることができます。MasterCardを選択した時も同様で、MasterCard Taste of Premiumのサービスを使えます。

 

高級な宿泊施設での優待サービスや、空港などの仕事で利用できるサービス等が利用できます。両者を選んでも差がなく、充実した特典を享受できます。迷う場合は、手持ちの個人向けカードと比べて、保有していない国際ブランドを選ぶのも良いと思われます。

 

口コミでは、初めはvisaのみの発行だったので、そちらを保有している方が多いですが、提携するようになってからはMasterCardを保有している方も多いです。

 

通常のビジネスカードには電子マネーが付帯していることがありませんし、個人カード向けでもスマートフォンの電子マネーのアプリが必要になることもありますが、オリコ「エグゼクティブ ゴールド フォービズ アイディー×クイックペイ」にはアイディーとクイックペイの2種類の電子マネーが付いています。個人向けのカードでも、1種類のみの搭載となるカードがほとんどになり、複数の電子マネーに対応している店舗が限られますが、2種類付いていると、より多くの店舗で使えます。しかも、用いられていることの多いプリペイド式の電子マネーではなく、後払い式の物ですので、使った分だけを後から支払うことが可能なため、端数が無駄になることがありません。

 

そのままレジ端末にカードをかざして使えるので、コンビニや飲食店、スーパーなどの商業施設でも、いちいちスマートフォンを出すこともなく、暗証番号を入力することもなく、手早く利用できるでしょう。口コミによると、クレジットカードをレジ担当者に渡すこともないため、カード決済よりも早く手続きができるのもありがたいという書き込みもありました。 

 

【結論】エグゼクティブゴールドフォービズは法人カードとしてどうなの?

オリコ「エグゼクティブ ゴールド フォービズ アイディー×クイックペイ」は、かかるコストに比べて、お得に使えるので、コストパフォーマンスが高いビジネスカードと言えるでしょう。個人事業主や小規模法人の代表者が加入しやすい所から、個人向けカードと法人向けカードの長所を取り合わせている所があります。

 

保険などの補償の部分をかなり手厚くしたり、コンシェルジュサービスを利用したいのなら、プラチナクラスのビジネスカードを取得を検討した方がいいですが、中小規模の経営者であれば十分な内容だと考えられます。 

 

他社から発行しているビジネスカードで、年会費無料の物もあります。しかし、ポイントサービスはなく、優待特典も必要最低限で、保険なども付帯している訳ではありません。オリコ「エグゼクティブ ゴールド フォービズ アイディー×クイックペイ」の場合は、年会費がかかりますが、税抜き2000円で済みます。ポイントプログラムや優待特典が充実していますし、国内外の旅行保険とショッピング保険が付帯していますので、非常に使いやすいです。別個に損害保険に加入しなくても、出張等にも安心の保障が付いています。

 

社員の福利厚生に役立てる場合は、ライフサポート倶楽部を利用できます。オプションサービスになり、有料にはなりますが、宿泊施設やレジャー施設で優待サービスを受けられます。出張や社員旅行、余暇で利用する場合、経営者も社員も有意義に過ごせるでしょう。

 

インターネットサービスに登録するのであれば、利用明細や利用残高等をネット上から好きな時に空いた時間を利用して確認できます。スマートフォンから利用するにはアプリを利用するとより手軽に使えるでしょう。ポイントが規定の金額まで貯まったのであれば、好みのグッズと交換出来ます。商品や金券類、電子マネー等と交換先が非常に多いので、会社の都合に合わせて色々な物に交換出来るのがメリットです。

 

年間の利用額に応じて、ステージ制が設けられている所から、最大で200万円まで利用額になった場合、ポイントの加算率が2倍になることもあります。現金や振込等の支払いを避けて、オリコ「エグゼクティブ ゴールド フォービズ アイディー×クイックペイ」での決済や電子マネーの利用を心がければ、経費の節減にも繋がるでしょう。